■カーテンLife■
カーテンについて色々解説しております!

カーテンの種類 カーテンの選び方 オーダーカーテンとは カーテンの縫製スタイル カーテンのメンテナンス

 

 カーテンの選び方

カーテンは単なるお洒落ではありません。暮らしを守る様々な機能性を持ったアイテムでもあるのです。単に色やデザインだけを重視して選ぶことも良いですが、カーテン選びはどんな機能のあるカーテンなのかを知ること、考えることも大切です。

折角選んだカーテンが、丈が長すぎたりしてはせっかくのお部屋の美しさも台無しになってしまいます。サイズはしっかり測って選ぶようにしましょう。

窓のサイズと言っても、カーテンはレールの長さと高さで考えます。カーテンレールは窓よりも少し長めにしておくと、保温性も高くなり、カーテンが大きく開くので解放感の高い窓辺が作れるようになります。

その高さも、窓の上ぎりぎりと決まったわけじゃありません。天井近くから吊り降ろすと、広いリビングルームのスペース感を生かすことができ、より豪華な感じとなるでしょう。

 窓の形に合わせて

横幅が狭く縦長の窓には、ローマンシェードやロールスクリーンがお似合いですが、窓のデザインによっては優雅なドレープを片開きに合わせるのも素敵です。

出窓でも、窓の曲線に沿ってカーテンをつけるか、まっすぐ壁のラインにするか、迷いどころとなります。完璧なルールはないので、ここは自分のお好みで選びましょう。それぞれのスタイルに適したサイズを専門家とも相談しながらしっかり測ることが大切です。

 1つの部屋に2つの窓がある場合

狭い壁をはさんで2つの窓が並んでいる場合は、それぞれの窓にカーテンをつけるとちまちました落ち着きのない感じになってしまいます。写真のように大きくゆったりしたバルーンシェードなどを合わせると、落ち着いた印象の部屋となります。

広いリビングなどで、大きな掃出し窓(庭やバルコニーに向かった床から背丈以上の高さの窓)と、腰高の窓がある場合は、同じカーテンを使って、掃出し窓にはドレープ、腰高の窓にはプレーンシェードと、スタイルを変えてみるのも良いテクニックだと言えます。

掃出し窓と腰高窓、どちらもドレープで行く場合は、腰高窓の方も床までのカーテンにしてみると、統一感のある落ち着いたインテリアとなるでしょう。

 お部屋にあわせるカーテンって??

カーテンだけを考えてしまうと、選択肢が多くて迷ったりしますよね。やはり一番の決め手は、一番お気に入りの家具や小物を意識して選ぶことです。

窓辺に置きたいソファーがあるなら、その色を少し淡くした色のカーテンを背景にして引き立てます。寝室なら、お気に入りのピローケースの色の入った柄を選びます。そんな、大切なものの色を1色意識して、その色の入ったカーテンを持ってくるのが、大好きなお部屋を作る基本となります。

まずはお部屋を見回して、お気に入りの色を見つけて基本のカラーを決めておくと、たくさんのカーテンを前にして迷ったときのよりどころとなります。

白を基調にした部屋と家具なら、ベーシックな色無地のカーテンで若々しく。時々色の違うカーテンにかけ替えて変化を楽しむのも良いでしょう。

もちろん、気に入ったカーテンの色柄を先に決めて、小物を合わせる方法もあります。カーテンより少しビビッドな花瓶や時計、フォトフレームなどの小物を1アイテム飾るのも良いです。

 カーテンスタイルも大切です

色柄選びで同時に考えたいのはカーテンのスタイルです。これは大きく言って2つあります。波打つ布の豊かな自然な表情を楽しむなら、ドレープのスタイルです。生地の色柄をより印象的に生かすなら、フラットなスタイルを選ぶといいです。

プリーツの基本は何と言っても、三ツ山ひだのスタイルです。よりカジュアルな印象にしたいのであれば、ハトメタイプやループボタンを選ぶといいでしょう。ループボタンには、ループの色とカーテンをコーディネートする楽しみもあります。

 季節感も大切にしましょう

ヨーロッパの人たちは、季節によってカーテンをかけ替えたりして、ぴったりのカーテンを楽しんだり、お部屋の気分転換をしているようです。

カーテンと季節は、ただ変化を楽しむだけでなく、保温断熱性を替えるのがポイントです。春は風通しの良い薄手のカーテン、夏は冷房効果を逃がすことなく、外の熱を入れない断熱性の高いもの、などと考えておけば、省エネ効果もあります。

秋冬は保温性の高い厚手のカーテンに。これに色を合わせて、春の黄色やグリーン、夏のブルー、秋の茶系、冬には暖かな赤味を持ってくると、日本らしい四季の楽しさも満喫できるでしょう!

注目サイト

フィットネスウェア レディース

Last update:2017/9/28